2017年June23日(Fri) 01:34 JST

京都への旅行2016秋 その2

  • 投稿者:
  • 表示回数 407
日記

京都への紅葉観測の旅行2日目は、この季節一番の人気スポットである嵐山・嵯峨野エリア散策をメインに行いました。
まずはバスで嵐山まで来れば、鮮やかに紅葉した嵐山をバックに渡月橋を見ることができるスポットへ来ます。
今年は紅葉の当たり年で、この日は雲の多い空模様でしたがとても鮮やかな紅葉を見ることができました。

嵯峨野エリアにはとても多くの紅葉スポットになる寺院等があるのですが、渡月橋から少し歩いた場所に有名な竹林の小径はあります。自分も京都の案内とかでよく紹介されているのを見るのですが、最近までどこにあるのかよくわかっていませんでした。

祇王寺の方向に向かってしばらく歩くと、普段は非公開で紅葉の季節のみ限定で一般公開されている厭離庵という小さなお寺の入り口があるので、そこに来てみました。
入り口になっている道は非常に小さいので、うっかりすると歩き過ごしてしまうので注意が必要です。

非常に静かな趣のある庭園で、まったりと紅葉の観測をすることができました。

そして、更に先に歩くと平家ゆかりの祇王寺があります。
見頃ならば境内は、苔むす庭園に真紅のもみじの落ち葉がとても綺麗な雰囲気なはずですが、落ち葉が既に枯れた感じの色に変わっていたので少し季節を外した感はありましたが、雰囲気はとても良い感じでした。

そして、歩いて大覚寺へ。
大覚寺の見学は、祇王寺・大覚寺の拝観チケットを祇王寺で買っておくと少しお得になります。有名な寺院だけあって、ここはいつ来ても人が多いという印象です。この季節の見どころは、大沢池の対岸の紅葉とかですが、四季を通じていろんなものが見られます。

この後、大覚寺からバスに乗って途中で乗り換えて北野天満宮まで行ったのですが、時間が残り少なくなったのと北野天満宮も人が多かったので参拝だけして、もみじ苑は今回は行きませんでした。

タグ:旅行 写真 京都 紅葉