2018年April26日(Thu) 22:03 JST

再びうさぎの島

  • 投稿者:
  • 表示回数 277
日記

竹原に宿泊したら必ずうさぎの島へ行きたくなるので、今年も大久野島へ行って来ました。今年は竹原に行く日程が10月29日〜31日だったので、うさぎ島へは30日に行って来ました。
これまで大久野島へ行ったのは全て日曜日だったので人が多かったのですが、今回は平日ということもあって休日ほど混雑はしていませんでしたが、それでも天気が良かったせいか、うさぎ島への観光客はかなり多かったと思います。

フェリーで到着すると、桟橋の近くにもうさぎたちはたくさんいるのですが、とりあえず休暇村へのバスに乗って休暇村に一旦行ってそこから島の散策するのはいつもの定例になっています。

島を歩いて散策しているといつも近くにいるうさぎたちが駆け寄ってきて歓迎してくれるみたいで、なかなか癒されます。足元まで駆け寄ってきたら、餌をくれよというような目でこっちを見てくるのですからね。
自分は餌はにんじんを小さくカットしたものを持っているのですが、やはりうさぎは午前中は活発に餌を食べますね。

毎度島を散策しているといろんな場所で、いろんなうさぎたちに出くわしますが、うさぎたちを見ると何か安心しますね。
いつもは島へ行くとたいていどこかで小さな子うさぎを見かけるのですが、今回は巣穴に隠れているのかそれともうさぎは成長が早いからもう大きくなりかけたのか、小さいちびうさぎを見かけることは今回はありませんでした。少し大きめだけど大人うさぎより小さい子うさぎは何度か見たのですけどね。

大久野島は夕陽も綺麗です。
今年は去年のときより綺麗に夕陽を見ることができました。ただし、この日はやや風が強かったせいか日が暮れる時間になると、やや肌寒く感じました。昼間は風は多少あったけど、比較的晴れていて暖かったので余計に寒く感じましたが、展望台からの夕陽は見に行った価値はあったと思います。

この日は一日中、もっふもふのうさぎたちに癒されました。
最近は大久野島にもイノシシが出現して子うさぎが襲われて犠牲になったりとか、休暇村の近くの木の下にはネズミが出たりと色々と悲しい話も聞きますし、怪我をしたうさぎもよく見かけますが、やっぱりうさぎたちはそれでも生きているので、また来る時まで元気にいて欲しいと思います。
また機会を見つけて行きたいと思います。

 タグ:竹原 大久野島 うさぎ 写真