2017年June23日(Fri) 01:28 JST

広島県竹原市への旅行2日目

  • 投稿者:
  • 表示回数 643
日記

2日目は、憧憬の路とともに今回の旅行のメインイベントとして瀬戸内海へ浮かぶ野生のうさぎが700匹もいる大久野島へ行きました。
大久野島へは呉線の忠海駅から徒歩で忠海港へ行き、そこから客船またはフェリーで15分ほどなのですが、呉線も船も本数がそれほど多くはないので時刻を予め調べておく必要があります。

大久野島でうさぎへ餌やりする場合は、忠海港の船のチケット売り場で売っています。島内には売っていないので、必要な場合はここで買っておきましょう。
大久野島へはフェリーと客船いずれかで行けますが、客船は乗れる人数が少ないので休日等人が多い時にはフェリーに乗ったほうがよいと思います。

大久野島へ着くと早速そこら辺りにうさぎが駆け回っています。近くの広場にもうさぎはいますが、フェリーが着くと目の前に休暇村行きの無料バスがあると思いますので、まずはそれに乗って休暇村へ行くのがいいと思います。休暇村の前の広場にはうさぎがたくさん駆け回っているし、そこのうさぎのほうが人慣れしたうさぎが多いように思います。
休暇村の建物の中には、おみやげを売ってる売店とか軽食を食べる施設等ありますので、お昼の食事はここを利用できます。なお、売店にはうさぎの餌は売っていません。

とにかく、大久野島はいろんな場所にうさぎがいて、うさぎ好きな人なら行ってみて損はないと思います。また島内は昔は日本軍の毒ガス製造とか貯蔵の施設があった場所で、その遺跡とか資料館の見学もできます。

朝はうさぎはよく餌を食べてくれます。餌は忠海港で売っている餌か、にんじんを小さく切ったもの、キャベツの葉、牧草がいいみたいです。
ちびうさぎは、木の下とかに掘った巣穴に隠れていたりします。時々顔を覗けてきたりするので、驚かさないように間合いをとって望遠レンズで撮影してみました。もっふりしていてとてもかわいらしいです。

島内の移動はレンタルの自転車もありますが、坂道も結構あるので、徒歩でのんびりあちこちでうさぎを見ながら歩いて1周するのも楽しいと思います。

この日は昼間天気がとても良かったので、朝から大久野島へフェリーで渡って日が傾くまで時間たっぷり使ってガッツリうさぎを見ることができました。

1日うさぎを見て癒された後は、大久野島の上にある展望台に夕日を見に行きました。アニメたまゆら2期の最終話で主人公ぽってがお母さんと一緒に来たこの場所はとても印象的でした。

去年来た時には曇っていて風もやや強くて諦めたのですが、今年は瀬戸内海の海面も穏やかで夕日に照らされてとても綺麗でした。

うさぎを見て、念願だった大久野島の展望台から瀬戸内海を照らす夕日を見ることもできたので、帰りは客船で忠海港へ戻って来ました。

竹原に戻ってきて、再び町並み保存地区の憧憬の路へ。
前日に回れなかった場所とか、撮影できなかった場所に行ってみました。

朝から夕方まで大久野島でうさぎをガッツリ見て、夜は憧憬の路を見ることができてとても充実した1日を過ごした気がします。

タグ:旅行 竹原 憧憬の路 写真 大久野島 うさぎ